大変お久しぶりです!

4月9日(月)

修善寺地方ロケ1日目。
文化財指定の旅館にて撮影。
趣があり、テレビでは見たことあるけど、実際に見るのは初めてな旅館。

旅館はちょこっと撮影し、その後近くにある監督の家のお墓があるお寺で撮影。
その監督の家のお墓を使い撮影するという・・・。そのお寺がこれまたすごい。
ちょっとした京都だった。

で、撮影で使う旅館に泊まる。
夜、演出部(1,2,3,4)で飲む。みんな色々な仕事をしているなーと。
仕事の話で盛り上がれるぐらいになりたいと思った。


4月10日(火)

この日は一日中旅館で撮影。
大広間などを使い、とにかく撮影撮影。
日が暮れても撮影撮影。
結局、てっぺんギリギリまでかかる。

夜、セカンド助監督さんに台本の使い方で叱られる。
そして、徹夜で台本を書き直す作業となり・・・


4月11日(水)

一睡もせず。朝、1時間ほど露天風呂に入る。
早朝の為、誰もいない。ちょっとした気楽な瞬間+豪華な時間。
お風呂がこれまた超豪華!! 千と千尋のお風呂みたいな感じなの!!
すっげー。 徹夜の疲れも吹き飛ぶ。

そして、旅館からちょこっと移動した、これまた違う旅館で撮影。
キャスト1人だけのシーンを3つほど。午後3時には終わる。
バラし作業などをして、東京・成城に午後5時には到着。

確か、色んな人に電話したような気がする・・・。


4月12日(木)

撮休。セット準備日。
原稿作業なども一切終了してしまっているため、完全撮休・・・ではなく、美術部手伝いで翌日から3連戦のセット撮影準備をやる。鏡の世界を作り上げる。

二重、三重(セットの天井にある作業場のこと)での動き方を教わる。


4月13日(金)

東映セット撮影1日目。
小物撮りやCG・グリーンバック撮影だけなので、早々に終わる。17時ぐらいには終わった。
その後、翌日からの鏡の世界セットを監督やメインスタッフで確認。
修正作業などをし、21時過ぎには帰宅。

小物撮りは淡々としているなーと思った。


4月14日(土)

東映セット撮影2日目。
鏡の世界はやっぱり大変。反射、反射で何を撮っているか誰も分からないみたいな。
監督の指示を伝えることが大変難しい。
意図を理解することができない事多かった。

まあ、なんとか終わる。夕方ぐらい。
その後、ちょっとした修正作業の後、帰宅。


4月15日(日)

東映セット撮影3日目。
引き続き鏡の世界。監督モニターとは別に、カメラ側にスタッフモニターを設置。
セカンド助監督のアイディアで、これによって、何を撮っているかよく分かる。
監督の指示の意味も分かるようになり、ある程度スムーズに。

俺はとにかく動けず、怒られ・・・。

セット撮影終了。バラし作業の後、終電ギリギリで帰宅。
翌日からは、いよいよラスト! 沼津ロケ!!1泊2日だ。


4月16日(月)

いよいよ、1ヶ月以上に渡る撮影の最終章。沼津ロケの日。
衣裳メイク先発(7:00)に乗って、沼津市へ。

2時間半の移動の末、海側のなかなか良い旅館に到着。

衣裳メイクの準備手伝いなどをし、キャストの準備終了まで付き合う。
そして、近くの現場に移動。

そこは、海のそばにでっかい鳥居がある所で、2時間ドラマとかで殺人現場とか、事件解決現場になりそうなところだった。スタインドインしつつ、「ああ、いいなーこの雰囲気」と思ってたり。

セットアップ1回で、この現場は終了。
実はこの日は、移動だらけ+天気が悪くなったらロケできないので、とにかく急ぐ日だったり。
制作部大慌て。

移動して、第2現場で準備中、予想通り雨が振ってくる。
慌てる現場。俺は・・・。

でも、本番寸前には何故か雨は止まる。監督の運の良さにスタッフ脱帽。

なんとかこの日も無事終了。
残すは1日となる。

続きはこの次の日記。
[PR]

by genn1224 | 2007-04-18 02:05 | 日記