初心に帰れる作品「ONE PIECE(ワンピース)」

7月30日(月)

もう7月も30日。ブログ再開して1ヶ月近くになる。
その間、暇だったりしつつ、色んな人と会ったり・・・。
結局1ヶ月間、仕事は無かったのだが。(バイトはあったけど)
助監督初めてまだ半年にもならず、この無職ぶり。
仕事と言いつつ、まだ素人。見習いなのにこの状態。
不安になりつつある。
一応、仕事は計画的に・・・とかって思ったりしつつ、
もう、ヤバイ。何でもやるぞの、いつもの状態になりそうだ。

そんな7月30日。
久しぶりなDVDを見た。3年前に買ったDVDである。
それは、「ワンピース」という作品だ。
アニメではない。「ウォーターボーイズ」などの監督・矢口史靖さんと、「パルコ・フィクション」などの監督や俳優・鈴木卓爾さんが発明した作品及び映像製作手法なのだ。
詳しくは、「ワンピース (短編映画)」(ウィキペディア)に書いてあるけど。
まあ、簡単に言うと、「ワンカットだけで編集・アフレコ無し」の作品かな。
制作環境は、完全に自主映画。げん組のような感じ?
休みの日に集まって、その場で即興。メイキングなどを見ているとそんな感じだった。

映画監督を目指し始めた高校時代、2003年に買ったDVD。
買った時、まず思ったのは、「これ・・・自主映画だ」。
でも、見ているうちに、だんだん面白さに気付き始めるんだよね。
やっぱりすごいんだ。ワンカットなのに、その中でしっかり物語がある。
いろいろと動いて、ワンカットの不利な部分を逆に利用していたり・・・。
良いんですよ。マジで。
しかも、シチュエーションだけを考え、台詞などは現場即興。
でも、それが生きた芝居を作っているという、すばらしい循環。
なにより、参加者全員が楽しんでやっているところが良いよね。
それが一番だよ。

で、そんなDVDを久しぶりに見たと。
このDVDを見ると、本当に高校時代、監督になりたいと思い始めた時に戻れる。
プロの作品をそのまんまパクって、で、自分でも出来たって思って・・・。
そのうち、アイディア一発の作品を作ったりしてね。
まぁ、アイディア一発で作ってるのは、げん組に受け継がれてたりして・・・。
で、今は1ヶ月近く仕事無いと。驚くなぁ。
なんか・・・東京だ。東京に居るって感じがするよ。
何でもできるぞ、夢が叶う場所だっていう感じがするよ。
で、今は1ヶ月近く仕事無いと。

あ、そういえば。最初、このDVDいつ買ったのか忘れてたんだけど、
証拠が残ってた。
それは、げん組のミニドラマ第1弾!「第一発見者」。
あれ、ワンピースなんだよね。完全に。
高校の友達と二人で、学校帰り夕方に俺の家で、「今から何か撮ろう」と。
で、俺は「ワンピースでやればすぐにできるな」って思って。
話なんてのは、本当に即興。どことなく、本家ワンピース風だったりして?
ってことで、「第一発見者」制作の2004年2月より前に買った事になる。
おそらく、2003年の冬だったかなぁ。

本当に初心に帰れる作品です、「ワンピース」。

ONE PIECE 春コレクションONE PIECE 春コレクション


ONE PIECE 秋コレクションONE PIECE 秋コレクション

ま、興味あれば買ってみてください。(なんてね)
ちなみに俺は、春版の「春のバカ。」(矢口監督)・「地獄のおじいさん」(鈴木監督)、秋版の「暗室」「猫田さん」(矢口監督)が好きですな。

あぁ、、初心に戻りワンピースでなんか作りたくなった、世田谷29時31分。
[PR]

by genn1224 | 2007-07-31 05:31 | 日記