小栗組「毒」 撮影6日目

8月25日(土)

午前11時、JR拝島駅集合。
が!俺が渋滞にハマリ、1時間以上遅刻。
大変申し訳ない!ごめんなさい。

キャスト1名、事故で欠席。

この日は「拝島DAY」。
拝島の多摩川河川敷にて、重要なシーンの撮影です。

澤が作ってくれたダンボールハウスを河川敷に運び入れる。
そこが、女の子が演じる翼の家という設定。
なかなかマッチしてたかな。あの周辺環境と。

で、この日もあまり撮影に立ち会えない。
ダンボールハウス設置後、高津にオルガンを返しに行く。

撮影は順調に進んでいたようだ。
男の子が演じるカケルがいじめられる所とか。
映像は見てないけど。今度、ゆっくり見たいなぁ。

高津に無事返却。最後まで担当の方はいい人だった。
車の誘導してくれたし。

急いで現場へ戻る。
撮影は佳境に入っていた。翼が襲われる所。
かなり気合いの入ったカットだ。
ここで、襲う男役の顔表情を撮るため、監督が翼のスタンドインに。
スタッフ全員で見守り、無事撮影する。

この後、入水事件がある。

で、この日もまたまた暗くなってきた。日没や!
そこで登場するのは、やはり「携帯ライト」。出てきますな。
今夜は、4台体制。照明部もビックリ。

そんな状態で撮影は進む。
進む進む進む。

死体を川に投げ入れる所では、またまた監督がスタインドイン。
死体が死体に見えないという・・・。

そんな体を張った撮影をしまくった監督。すごかった。


で。
いよいよ。
あのシーンやりました。
真っ暗闇の中、月明かりでほのかに明るい河川敷。
そこで、赤い光がメラメラと。3メートルぐらいの火柱。
えっらい、すごいシーンさ撮影できましたね。
それにしても、あの場所はまったく人目につかずに、
橋下みたいな雰囲気があって、すごく良い。絶品。
大事な物件です。

で。
終了が23時。
真っ暗闇の中、片付けをして、神田へ移動。
そこからですよ。25時過ぎに到着。
監督が川に入水していたりしたので、休憩を入れつつ、
「26時撮影再開!」という事に!
例の、秋葉原・万世橋撮影ですよ。撮影できるのがこの日しかないの!
だから、もう、、、強硬スケジュールですよ!やるしかない。
みんな疲れてた。まったく疲れてた。
そんな中、万世橋撮影やっちゃいましたね。
みんな真剣。何せ、早く寝たい。
子役も真剣。何せ、早く寝たい。
しかし、その作用からか、すごく良い表情が撮影できた。
やっぱり、「極限状態」というのは何かを産むね。

水曜どうでしょうでも言ってたな。
「限界」以上の状態にすることで、本当に面白い事が起こってくるってね。

いやー、すごい。本当にすごい。
この撮影、監督がこだわるからな。
しかも、今回は妥協が少ない。
その撮影もいよいよ、明日で最終日。
最終日は、千葉ロケです。朝も早い。

万世橋撮影後、みんなクタクタ。豚丼食べつつ、寝ていく。
でも俺は寝れない。ちょっと車両トラブルの解決の為・・・。


つづく
[PR]

by genn1224 | 2007-08-28 10:45 | 日記