げん組撮影!

9月3日(月)

日中。
ごろごろ。ごろごろ。


18時。
分倍河原集合。げん組ミニドラマ第9弾撮影です。
先日の撮影延期で、本日となりました。
この間、一応スタッフ集めなどもして、結果、2人増えた!
5人体制でやることになりました。
一人は、準レギュラー的な美術+スクリプターの方。
仕事が早く終わったらしく、参加できることに。
もう一人は、小栗組の監督さん。しかも、照明担当でオファー。
申し訳ないっす。

ま、そんなこんなで、スタッフ体制も照明機材も揃い、準備万端。

そのまま、分倍河原FCのお宅へ。
段取り悪く、弁当買ったりしつつ。

夜メシ後、19時30分撮影開始。

が!

俺がちょっとしたミス。重要な小道具が・・・1つしかない。
しかも、それが「折れた」。
で、速攻買いに行く。
なんとかなったけど、非常に申し訳ないミス。すんません。

で、なんとか撮影開始。20時過ぎ。
今回の主演は、澤隆吾さん。主演作は、4本目かな?
もう慣れたものです。演技プランを自分で作るほど。

にしても、なんか勉強不足だったのか、「OK」って言ってなかった。
OKって言えるぐらい、準備勉強足りなかったかもしれん。
でも、色々と助けられつつ、撮影進む。

重要小道具、蚊取り線香も絶好調燃える。

で、数シーン撮影終了。この物語の山場へ・・・。
重要人物が登場する。俺だ。
そうなの。今回は出演兼任。しかも、結構台詞ある。
やべー。演技すると「作品を壊す」傾向にあるのに・・・。
ひょっとして、それに気を取られて演出がおそろかに?
いやいや、そんなまさか。
で、衣小合わせで多少イジメられつつ、着替えも完了。

俺出演シーンでは、監督補が2人も居る。厳しい。
しかも、小栗組監督さんは、この前まで撮影していたので、
指示が的確で、、、しっかりしてるのだ。

撮影。
順調に進み出す。やっぱり俺の役は「寡黙」な性格にして正解。
第1稿の性格だったら、それこそ、「作品が壊れた」と思う。
まあ、俺が演技できないし、幅も無いので、そうなるのだけど・・・。

ま、楽しく進む。

23時15分、俺出演シーン終了。
と共に、照明担当さんもクランクアップ。終電帰宅の為。
本当に助かりました。


その後。ちょっと休憩。
考えてみると、残りは5カットぐらいしかない。
ただ、その後、仮眠して、朝撮影があるのだけれども・・・。

で、5カットを撮影する。進む進む。

5カット撮影終了。で、オンリー撮りをする。
その間、深澤カメラマンは、買い出し。
で、ドラえもんカットを黙ってこっそり撮影しちゃったり?

アイス食べて、ちょっとのんびり。

25時、深澤カメラマン寝る。
その隙を狙い、身長を測ってみる。メジャーで。
こっそり、こっそり。気付かれてない気付かれてない。
結果は・・・・デカイやん。 ということで。

26時30分、「Re Start」(小林芳成監督)を見ながら寝る。



9月4日(火)

5時30分起床。他のスタッフはみんなまだ寝てる。
こっそり、朝の空などを撮影する。素材素材。

5時55分、カメラマンやっと起床。準備開始。

6時10分、主演俳優起床。

6時20分、撮影スタート。
寝起きの芝居。うまい!まるで、本当に眠いかのよう。
狙い通り? で、サクサクサクと進みます。
ま、主演俳優さんと美術&スクリプターさんがお仕事の為、
のんびりやってられないのだけれども。
その後も、サクサク進む。

血のりが出てくるシーン。
血のりは俺が担当。この前の小栗組でも血のりやったから、なんとなく。
最近、血のりに親近感が沸いてきたり・・・。
ブロードペイントを垂らして、手で伸ばすと、指紋が良い役割を出して、本当に争った後とか、人が握った後っぽくなるんだよねー。ま、当たり前か。

そのまま、撮影進み、撮影終了!
血のりの片付け班と、素材撮影班に別れ、片付け。
俺は血のり片付け。シャカシャカと。

そして、、、クランクアップですね。7時15分。

その後、即座に機材片付け・小道具片付け。部屋片付け。

7時35分、分倍河原FCを後にする・・・。
それぞれ解散しつつ・・・。

今回は突然やる!って言ったのにみんな参加してくれてありがとうございました。
これからも、おそらく、、「突然」になるかもしれませんが、お時間あれば協力してください。ギャラも何にもありませんけど。とほほ。
でも、今度はもうちょっと準備してやりたいですな。
一応、12月撮影予定の企画は続行準備中。本直し中です。第10弾。
キャスティング、ロケ地共に「候補」はあるけど、オファーは完了してない。
12月に入る頃、企画準備が整えば、正式オファー出します。

そんなこんなで、げん組第9弾撮影無事完了。
「恋の時計」みたいな大規模作品ではなく、いつものげん組です。
でも、ちょっとずつ変化もありつつ。

深澤カメラマンはいよいよ、現状のカメラでは満足しなくなりました。
さすがです。運動会カメラですからね。画質などにもこだわりが。
次回作は、カメラ、良い物を使いましょう。
でも、素材を見ていたら、「深澤美術」所々に。さすがでございます。

主演俳優・美術の澤は、いよいよ演技プランを練るようになりました。
演出にも意見を出してくるようになりました。ただ、動きがダラダラしている。
今後はそこを改善して、月9に出てください。

美術・スクリプター、いよいよスクリプター業務が板に付いてきました。
その上、スクリプト用紙(メモ)が超分かりやすいです。
初めてやってもらった「灯り」のスクリプト用紙と比べると、雲泥の差。
美術に関してはもうプロなので、何も言えない・・・。
今後もスクリプター兼任でよろしくお願いします。


小栗組監督さんは、やっぱり監督が似合いますなぁ。
もしくは、女優。 げん組ではまた出演でお願いするかも?
今回は照明をやらせてしまい、すいませんでした。
でも、すごく助かりました。ありがとうございます。


いや~、なんというか、げん組は本当にずーっとやっていきたい。
どんな状況になっても。そう強く思った。

あ、ちなみに今回撮影した第9弾作品のラッシュ組は現在作成中。
明日にはスタッフ向けに出す予定でございますので・・・。

みんなが60歳になった時の企画テーマは「還暦」なのかな?世田谷24時18分。
[PR]

by genn1224 | 2007-09-05 00:18 | 日記