「恋の時計」ほぼ完成!

2月28日(木)

予定盛りだくさんの一日。

午前、床屋@下高井戸。

13時、赤坂。
3月から連ドラに参加することとなり、その初顔合わせ。
台本と関係資料をもらい、合流は3月1日からに決まる。
なんとなく昼ドラに雰囲気が似ていた。
サード助監督として。フォース(といっても業界歴は上)あり。

後、港区散歩→新宿、バッティングセンター。

18時30分、歯科。第1部治療終了。
第2部は仕事のスケジュール次第。予約せず。

20時、大矢さんと下北沢にて夜ごはん@おはち
久々に再会。色々お話。近況やらやら。
編集の仕事も大変そうだ。どこも耐える事が大変だ。

後、我が家にて「恋の時計」の編集。
自分1人でやっていると主観的になってしまう。
やはり、客観的に見てもらうのは大事である。
その上、編集マンは見るところが非常に鋭い。
無駄なところや、逆に足りない部分。的確な指摘。
大胆なことも言ってくれて、シンプルかつ、見やすくなっていく。
結局大矢さんは、21時~26時まで終電を逃しつつ5時間もやってくれました。本当に助かった。

26時、仕事終わりの深澤Pがやって来る。
ま、いわゆる「オールラッシュ」的なラッシュ。
公開にGOサインが出る。
ただ、微調整やら追撮やら、やり残したこともあり、あとは俺が整えることに。

その後、3人で色々話す。
近況やらこれからの事とか、夕張やら。
楽しい。やはり気楽に話せるのはいいことだなあ~。
のんびり楽しい。
しかし、深澤くんは次の日朝から仕事なのに、寝ないでいいのか・・・
俺は、だんだんと眠くなってきて・・・
遠くからは、名曲達がYouTubeから流れていて・・・
さだまさしが流れていて・・・げん組映画第1弾とも言うべき企画のモチーフのような曲もあり、、、良い曲だし、イメージが浮かんで・・・
眠いのぉ。


2月29日(金)

気づけば朝6時30分。
誰一人寝ることなく、朝。あははは。

大矢さん帰宅。
深澤くんも仮眠後、仕事へ。
俺は眠った。


昼、起床。
昨日の編集で、追撮が必要ということが発覚したため、
江戸川橋の時計を撮影しに出かける。
ロケハンやら何やらで、5回目の江戸川公園。
もう慣れました。ただ、葉っぱが無かったけども、そこはカバー。
無事終了。

帰宅。洗濯しつつ、眠りへ・・・

21時、夜ごはんを食べつつ昨日見逃した
「新・京都迷宮案内(7)」(石川一郎監督)
迷宮案内としては比較的分りやすい話だった。
でも、話の流れが見えても楽しめる重みがある。
それはやっぱり、芝居の力やスタッフの力。

「エジソンの母」を途中から見るも、2話分見逃していて色々進展してた。
なんか、展開していた。

「未来講師めぐる(8)」(演出:唐木希浩)
おもしろくなってきました。


25時、「恋の時計」編集再開。
追撮分を取り込んで編集編集。その他ガヤなどの調整調整。
音楽選曲も無事終わり、いろいろ調整調整。
2時間かかって、ようやく完成!!
撮影してから1年3ヶ月、企画からだと1年半程度かかってしまいました。
今後のげん組仕上げ体制を考え直すきっかけにもなりました。

自分が納得するまでやってしまうと、どこまでもやってしまう。
やはり、分担する事が大事だなーと思いました。
しかも、自分だけだと、どうしても主観的になってしまうのでね。。。
ま、第9弾「来訪者」の編集は自分でやりたかったりして・・・どうなるだろう。
第10弾以降は、仕上げもしっかり体制を作っていきたい。

まあ、編集の大矢さんには今後も色々お願いする事になりそうですなぁ。
よろしくお願いします~。今回はその前哨戦だったって事で・・・。

そんなこんなで、明日最後に冷静・客観的に見て、完成させます。
もしかすると、明日公開するかもしれないです。ご注意を。


27時
「鹿男あをによし(8)」(演出:河野圭太)
やっぱり面白いっすねー。
なんというか、スピード感が大好き。
あと、玉木宏さんのコメディ芝居が好き。


今日は「うるう年」の一日でなんかわくわくした、世田谷26時34分。
[PR]

by genn1224 | 2008-03-01 04:34 | 日記