雷鳴

8月5日(火)

午前中、起床。空模様が怪しい。

12時。突然、雷が鳴り出し、大雨が降ってくる。
これは、、、すごい雨だ。外に出ることなんぞ、出来ない!
ただ、見つめる事しかできなかったなぁ。
写真すら、撮ることを忘れた。とほほ。

14時過ぎ。
雨は嘘のようにやんでしまった。遠くからは、雷鳴もするが、弱くなっている。
ということで、調布にある日活撮影所に捜し物で出かける。

15時30分・日活撮影所。
雨の後の撮影所。人が少ないように感じた。
探していたものは、目的の場所には無く。
その後、以前持道具でお世話になった装飾会社に行ってみる。
上司だった装飾さんは居なかったけど、別の装飾さんに聞いてみる。
すると、日活倉庫にはあるらしく、一応参考のために見てみる。

なるほど。写真・・・撮ったけど、何を探しているかは・・・ナイショかな。
とりあえず、高かったかな。

後、お世話になった上司にも連絡が取れたが、やっぱり倉庫かな・・・と。
外部の会社で借りられるところも知っているらしいのだが、
どこも「それなりの値段」ということで、日活倉庫が手ごろだろうと。
でも、やっぱり借りれるところを知ってんだなぁ。さすが、大ベテランだ。

そんなこんなで、日活で途方に暮れる。
一カ所電話してみるも、間違い電話してしまって・・・とほほ。

深澤くんと電話して、まあ、日活を後にする。


17時30分、東松原。
夜ご飯の材料と、酒のつまみと、酒を買って帰る。

18時過ぎ。
橋上さんから電話。お酒の在処を教えて貰う。
かなり詳しく調べて頂いた。ありがたい。
まあ、近々、時間あるときにでも行ってみようっと。
良い酒が、1本は置いておきたいものですな。


22時。
「プロフェッショナル仕事の流儀スペシャル
宮崎駿のすべて~“ポニョ”密着300日」

見ました。
物語の作り方、絵コンテの作り方、興味深い話だった。
ネタ帳・物語の構想、脚本・物語に住んで書く日記みたい。

あの生活スタイルはとても羨ましいなぁ~と思う。
宮崎駿のアトリエは、俺の理想の家だったなぁ。

絵コンテが進まず、制作部がスケジュール相談した後、
鈴木プロデューサーと制作部が話しているシーンがあった。
その後、絵コンテ〆切が数ヶ月伸びて、鈴木さんがコメントしてた。
あれは素晴らしい。そういう事なんだと思うわけです。
あれこそ、真実の姿で、宮崎さんが作品を作れる全てなんだろうなぁ。


酒がすっかり抜けてしまいましたな。
神奈川県・栃木県では、土砂災害警戒情報が出ている。
でも、世田谷は静かなものです。嵐の前の・・・?
とりあえず、ビール4本目。糖質0。

雨の後の匂いを感じて、酒飲みます、世田谷24時01分。
[PR]

by genn1224 | 2008-08-06 00:01 | 日記