「少女A」が少し生まれる

9月11日(木)

午前10時出社で、、、午前中とくにやることなし。
備品についての作戦を立てる。
基本的に「超超低予算」で、某トルネード系よりも少ない。
手作り感たっぷりの会社で、制作備品は制作会社の社長さん私物中心。
あと、本当に足りないものだけ、買いますという方針。
だから、買い出しをすぐに動かないとというわけではないのだ。
とりあえず、「どうしようか?」という話を、制作P、主任さんとする。

午後。
キャスティングの連絡や、スケジュールの連絡、リハーサル連絡などで
ちょっと忙しくなる。15時には終わる予定だったけど、
連絡が来ない人がいたりして、結局18時前までかかってしまう。


その後。
おぐり組の編集ラッシュが出来上がったという連絡があったので、行く。
編集室@方南町・永福町。

「少女A」編集ラッシュ3回目? を見ました。

感想、監督と編集担当お二人には失礼な事になってしまったかなあ…。
ごめんなさい。
絵とか、一定のレベルは超え、去年の「少年少女」以上にはなってる。
良い出来なのだ。
でも、主人公・翼と、マネージャー木村の人物が霞んでいるというのかな…。
とにかく「改善点とか分からない」ので、本当に失礼だったのだが、
そこにいる人間達の流れが、かなり惜しい部分にあるかなーと思った。

一つ一つは良い出来だと思うので、きっと良いものになる。
説明過多にならず、でも、見ていて入っていける作品になって欲しい。

10月まではあんまり参加できないけど、願っております。
14日までに行ける日があれば、差し入れでも持って行きます。


その後。

某所にて、「角煮パーティー」。
料理長は、おぐり組の脚本家の先生。
そういえば、この先生には、げん組「毒」の脚本も依頼していたような…。
どうなったんだろうか?
10月上旬、時間あるので、「毒会議」したいです。

さて、角煮P、すげーうまかった!何故この味が出せるのだ?
他にも、豚ピーマン焼きもすごくうまい!
そして、感動したのは、「ワンタンスープ」。手作りなんです。それが感動。
他のサラダ系料理には、トラップがたくさん仕掛けられていた。
さすが、悪徳脚本家だ。怖い怖い。

しかし、本当に美味しかった。

22時。「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~#11」(演出・西浦正記)
最終回です。前回までに、たくさんの出来事があった。
腕が切断、初めて判断の迷う、などなど。
しかし、10話ラストで、みんなの意志が固まり・・・。
今回は、その大まとめの回でしたな。藍沢も、良い医者になりそう。
これで、どうなる?どうなる? こんな中途半端なラストなのか・・・
残り3分なのに・・・と思ってたら、やっぱり来春スペシャル決定!
たぶん、お正月スペシャルドラマとして放送かな?
俺の予想では、今回の最終回が25%以上とかでスペシャル決定にするのかと思っていたら、それも無しで、スペシャル決定。
まあ、人気とかあったしね。今期ドラマでは一番でした。
よかったと思います。

スペシャルも見るでしょう。


コード・ブルー見終わり、解散。

「少女A」、頭が生まれ出てきたような状態。
まだ、胸部・足は見えていない。
ヘソの緒はちゃんとつながっているのかな~。

そういえば、角煮Pの時に聞かれて答えないうちに次の話題になった事が。
「年上ばっかりでやりずらい?」という。
やりずらかったら、こんなにのんびりビールは飲めないかなぁ。
気が合えば、年齢は関係無いですなぁ~。


さて、撮影日記書いて、脚本読んで、寝ます、世田谷24時44分。
[PR]

by genn1224 | 2008-09-12 00:44 | 日記