<   2006年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

自主映画な毎日・・・。

ここ数日間は、自主映画「小林組」の準備作業。
クランクインは4月1日の予定。色々問題があって、まだクランクインできるか微妙。
ほとんど成立(※ここで言う成立とは、撮影可能な準備状況な作品)したけども、
ただ一つ、成立しない要因を抱えている。それができないと、スパッと頓挫。
明日はオールスタッフ。果たして・・・。

おとといの「世にも奇妙な物語 15周年の特別編」は、
イマキヨさんがおもしろかった。
1分物のアバンストーリーは、CMディレクターがやったような雰囲気。
スマップショートショートみたいなやつの雰囲気を持っていた。
世にもって感じじゃなかったな。なんか、もっと違う感じかと思ってたら、
意外と、CM感だったので、残念。まあ、でも、その中で良かったのは、山田祭りかな。
[PR]

by genn1224 | 2006-03-30 20:55 | 日記

黒川芽衣

「ケータイ刑事THE MOVIE」(佐々木浩久監督)を見た。
やっぱり、銭形泪役の黒川芽衣が一番安心して見られた
もう、完全に銭形泪をつかんでいる感じだな
あと、かわいいモードと、まじめモードの切り替えもうまい

堀北真希は、かわいいけども、かわいいけども、切り替えが今ひとつ
あと、川沿いで高村さんと話すシーンで、野ブタが出てたなぁ。よかったけど。

ケータイ刑事は、新たなシリーズやるみたいだ
とりあえず、今回の映画で今までの銭形姉妹は卒業みたいだね
卒業記念映画みたいだった。おもしろかったけど。DVDで見たいな。



27日 「小林組な一日。だけど、ケータイ刑事」

朝。許可取り。予定通り、担当3ヶ所の許可をとる。
その後、監督宅で打ち合わせ。

午後。小道具探しに、新宿へ・・・。
で、そこで、ケータイ刑事の映画を見ちゃった。あは。
見終わった後は、小道具探し続行。何個か候補が見つかる。

20時。監督と新宿で合流。
監督に頼んでいた許可取りもうまくいった!一応!
そして、超くせ者プロデューサーも、道路許可をとったようだ。さすが!
これで、許可関係は、初日~5日目ぐらいまではOK。
5日目以降は、今後やる。

んで、監督と編集マンと俺で、キャストオーディション番外編。
イメージ通り(?)の人がいて、一人決定。
もう一人は、スケジュールが合わず断念。まあ、仕方ない。

風邪をひきました。まあ、軽めなので、明日には治りそうですけど・・・。
今日はのど飴なめまくった。
[PR]

by genn1224 | 2006-03-28 01:46 | 日記

疲れた・・・と言ってしまった日

女優の事など考えられぬ・・・

26日

学校の体験入学手伝い
助監督として、歌った

18時~21時
小林組のプロデューサーと、打ち合わせ
この時に、「疲れた」と連発してしまった
申し訳ない事をした Pも疲れているというのに・・・

帰宅後
打ち合わせ結果をまとめる
今(0:21)、一応全部終わる
「製作日程表」作り終わり


私信(下っ端助監督から→大物Pへ)
「野川河川敷(世田谷版)」の地図、現場図を一応作っておきました
明日、監督に渡して、一応それを持って行ってもらいます
砧総合支所は、成城学園前駅のすぐ前にあるみたいだよ
今週は仮免を大切にして! 小林組はなんとかなると思うから・・・たぶん
[PR]

by genn1224 | 2006-03-27 00:23 | 日記

紺野まひる

「小早川伸木の恋」で作田カナ(盆栽教室先生)を演じていた人。
透明感があって良いですな。しかも、なんか楽しそうな性格じゃないかな~と思うんです。
良いっすな。プロフィール見ると、「大阪」生まれの人。
大塚愛も大阪。ちなみに、1982年生まれの大塚愛は、今年24歳か。
関西のノリは良いな。
あ、いや、「関西出身で関東チックになった関西のノリ」が良いのかも。なんじゃそりゃ?


23日

元気に、小林組「調布ロケハンの旅Ⅲ」。
60%ロケハン終了。あとは、キーポイントになる所。これが難しいのだが・・・。
明日はキャストオーディション。
その後、日本映画監督協会主催の特集上映に行く。
「映画監督って何だ?」っていう映画を見るのです。楽しみ。


「一期一会」という言葉があるけど、俺の中では、「一会一期」です!
一度の出会いは、一生。いつも考えている事。造語してみた。
[PR]

by genn1224 | 2006-03-23 23:23 | 日記

宮崎あおい

「NANA」をちょこっと見る。
宮崎あおいの笑顔が印象に残っている。
同じ85年生まれだ。うむ。


22日

小林組。「調布ロケハンの旅Ⅱ」。
プロデューサーと一緒に自転車で爆走。雨が降ったけど、爆走!爆走!!爆走!!!
夜。監督の家で打ち合わせ。実りあるものに。
金曜日のキャストオーディションがうまくいって、許可関係がうまくいけば、
この作品は成立するでしょうな。やっと、先が見えてきた。
4月1日クランクイン。

ちなみに、小林組での担当が助監督から撮影に変わった。
地元作品の監督兼撮影を除いて、しっかりした作品で撮影を担当するのは初だ。
演出、録音、照明、編集、製作は他人作品でやったことあるし、
美術も学校のバイトでなんとなくやったけど、「撮影」は初めて!!
おぉ・・・、画に責任を持つというのを考えると、ヤバイな。
これは、監督とよく話してやらないと。う~む。でも、楽しみだよ。おほほ。

大塚愛はやっぱり良い。
その代わり、澤隆吾の電話が長い。
[PR]

by genn1224 | 2006-03-23 01:51 | 日記

石原さとみ

「ナースあおい(最終回)」見終わった。
泣いたぁ。泣いたわぁ。よかったわぁ。
なーんつうか、キャストと物語のわかりやすさと、桜がうまく組み合ってた。
漫画っぽいんだけども、それで人を泣かせられるのだから、さすが。
このドラマは、「フジテレビっぽいドラマ」だったけども、そのフジドラマは無難に良い。
その無難に良いっていうのは、なぜできるのか?
まあ、あきらかに、プロデューサーの力が大きいというのが分かる。
それも、フジのプロデューサー。おそらく、何か「伝統」があるんだろう。
そういうのが、すばらしいな。「ベタ」っていうのかなんつーのか。
そのフジのベタは、大好きなのです。
このドラマの石原さとみは良いですな。
さすが、俺と同じ、クリスマスイブ生まれだ。俺の一つ下。
19で、あの・・・すごい。


21日

小林組。「調布ロケハンの旅」。
[PR]

by genn1224 | 2006-03-21 22:16 | 日記

大塚愛!!

大塚愛さんの「金魚花火」はすごく良いなぁ・・・
大好きな曲だ

あと、「東京フレンズ」(DVDドラマ)の劇中曲(曲名失念)も大好き
そもそも、あのドラマが大好き
あの雰囲気が大好きだ

んで、東京フレンズの映画版情報がついに出た!


東京フレンズ THE MOVIE
2006年8月12日(土)丸の内ピカデリー2他 全国ロードショー

【CAST&STAFF】
キャスト:大塚 愛、松本莉緒、真木よう子、小林麻央、瑛太 他
監督:永山耕三 
脚本:衛藤凛 
企画:エイベックス・エンタテインメント
配給:松竹 
製作:東京フレンズ THE MOVIE フィルムパートナーズ


【STORY】
地方から上京してきたごく普通の女の子・玲(大塚 愛)が、東京で出会った友達とともに悩んだり笑ったりしながら、音楽と出会い、自分が本当にやりたい夢を見つけていく姿を、切なくリアルな等身大で描いていく。

共演は、松本莉緒、真木よう子、小林麻央、瑛太など、今もっとも注目の若手俳優が総出演。監督は、「東京ラブストリー」や「ロングバケーション」「スローダンス」など、数々の名作ドラマをてがけてきたヒットメーカー永山耕三。映画版では、堂々ニューヨークロケも敢行し、友達、恋、夢と挫折に悩むそれぞれの人生をスケール感たっぷりに描く!


公式HPに載ってるけどもねっ!



20日

小林組打ち合わせ。
スタッフ編成で苦労。
その後、二子玉川ロケハン。
夕日が気持ちよかった。
夜。澤と長電話(79分42秒)。バカ。

↓ロケハンの時に撮った一枚
c0072589_23283357.jpg
[PR]

by genn1224 | 2006-03-20 22:01 | 日記

東京

17日

九十九里浜ロケハン


18日

昨日のロケハン結果をまとめる

その後、フィルム実習のシナリオ検討
一応、一つ企画案を思いついた
しかし、これが成功するかはまだ分からない
一応、色々いじってみるけど、まだ微妙な段階

夜。「東京ワンダーツアーズ再放送」を見る(見てる)
こういう東京は良いなぁ~。憧れる。大好きなんだよなぁ・・・。
夜風がすばらしい・・・。
[PR]

by genn1224 | 2006-03-19 03:39 | 日記

新・京都迷宮案内最終回スペシャル

京都迷宮案内シリーズ8作目の、今クール。
そして、今日最終回。
ラストシーン、主人公・杉浦さんが「バイバイ」と言った。
辞表を出した。
自分の書きたい企画はボツになり、今人気のある企画は「人気者のゾウの話」だという。

俺の一番好きなドラマ、映画作品を混ぜても、トップ3には入る作品。
それが、どうやら今回でシリーズ終了となるようだ。
実に悲しい。最終回の内容、とても良い。でも、今までとは何かが違う。
きっと、役者さん達が「最後」だという事を認識していたからなのか。
表情や動きに、「やりきった」という感じや「悲しさ」「感謝」の表情が見えたような気がする。
特に、8年前の第1シリーズからずーっと出ている
橋爪功さん、野際陽子さん、北村総一朗さん、市田ひろみさん。
本当におつかれさまでした、と言いたい。ありがとうございました、と言いたい。

京都迷宮案内は、ただの事件解決物語ではなかった。
人間というものを描く、しかもそれを読み解いていく主人公が魅力的な物語だった。
「ストーリーの大事さ」だけでなく、「主人公の大事さ」も教えてくれる良いドラマ・・

とは言え、ここまで書いておきながら、実はまだ「シリーズ終了」か分からない。
ただ、そんな雰囲気、いや、たぶんキャスト・スタッフは現時点でそのつもりだろう。
だけど、視聴率が良いのだ。人気があるのだ。だから、ひょっとしたら来年またやるかも。
それなら、それで良い。それが良い。
でも、今は、「おつかれさまでした。ありがとうございました」と言いたかった。
[PR]

by genn1224 | 2006-03-16 23:18 | ドラマ・映画感想

無理をしない

15日

自主映画「小林組」の打ち合わせ。



16日

ぼーっとする
実家にいるので、「パワプロ97開幕版」(これしか動くモノがない)をやった
久々! コンピュータを「パワフル」にして、いざ勝負!
巨人(俺)vsオリックス(コンピュータ)

1回目:2-8
2回目:3-1

1勝1敗!1年ぶりぐらいだけど、なまってなかった~ よかった~





春休みに入る前、俺は「今年の春休みはやることがないなぁ~」と言っていた。
しかし今、自主映画をやっている。色々と予定もある。
自主映画は、一つだけに絞るつもりだ。
当初、3~4掛け持ちか、やらないか、絞るか迷ってた。
でも、変に掛け持ちすると危険だということは、俺は、身に染みて分かってるつもりだ。
本当にできたとしても、2つ。これが限度だろう。今の俺では。
今回は、その他にも、予定がある。だから、1つに絞る。
神様ありがとう。がんばるよ。

バイトしないと。お金無いよー。

人間一度つながったら、その関係は絶対に無くならないものになる
その関係を良いものにするのか、悪いものにするのか
それは自分自身の行動によって決まる
[PR]

by genn1224 | 2006-03-16 22:56 | 日記