<   2007年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

月下美人&伝染歌

8月28日(火)

午前。
久々にゆっくりしました。

午後。
深澤くんから電話。学院に制作備品を渡しに行くという事で手伝う事に。
2日連続で学院。かなりいっぱい制作備品を寄贈していた。
すごいのぉ。

その後。
ちょっと深澤ゼミ。企画会議をする。
「大枠」は決まる。あとは、中身をどうするか。勉強の必要がある。

夕方。
渋谷で上映されている「月下美人」(北川篤也監督)という文学的官能小説映画を見に行く。
監督は学院の時に演出講師をしていた先生。
この作品は、学院の時、初めて演出部の現場実習に行った作品。
小栗組の監督、深澤くんと共に見る。
会場には、学院の別の先生が居たり。

作品は、官能小説を読んでいるように進んでいく。
基本に忠実というか、「しっかりした」感じがする作品でした。

しかし、この作品を観ていると初心に戻りますなぁ。
「なんであのとき、何にもしてなかったんだろう」と思う。
何にもしてなかったなーこの作品では。
準備でも、撮影でも。何にもしてなかった。
まあ、今でも何にもできてないけどね。。。

「月下美人」には、パート2もあり、それも見ることに。
ただ、びっくりなことに、1回ごとに完全入れ替え制。
1600円を2回払いました。びっくりしました。

パート2は、パート1のダイジェストが多い。
パート1の方が面白い所が多かった。でも、パート2のラストの展開は好き。


作品観賞後。
その月下美人の監督である先生と飲む。
月下美人の感想を話しつつ、近況の事を話したりしながら。
結構楽しかった。


その後。
先生、監督とは別れ、深澤くんと深澤ゼミの続きを我が家で。
しかし、酒も入っていたこともありつつ、寝ちゃったな。




8月29日(水)

深澤くん帰宅。
その後、ちょっと部屋片付け。

夕方から、新宿トーアで「伝染歌」(原田眞人監督)を見る。
この作品は、学院卒業後、実質初めて助監督をやった作品。
えっらい怒られまくり、何もできなかった・・・。大反省の作品です。

初めて映像を見る。試写会に誘われたが、仕事で行けなかったので。
「こういう風になるのかー」という所がいっぱいあったけど、
映像的に「飛んでいる」(物語が飛ぶ)所が多くて、脚本読んでない人は分かるのかな~と思った。意味分からない部分が多いような気もしたけどね・・・。
それに、「ホラー」というよりは、MMRみたいな感じかなー。

カッコイイ映像とかあるんだけどね。
あと、「音」が微妙に聞こえづらいところが多かったかなぁ。
台詞が雰囲気音みたいになってた。狙いなのかもしれないけど・・・。

それにしても、とにかく何にもできない現場だった。
やらないといけないんだけど、「1歩」、、いや、「100歩」ぐらい踏み込めなかった。
この作品も一生、忘れられないものとなるだろう。。。絶対。


伝染歌を見たあと、小栗組監督から留守電があり、新宿で飲んでるとの事。
すごい近くだったので、行ってみる。
すると、あんまり挨拶できずに解散しちゃったカメラマンさんが居た。
やったー。ということで、ちゃんと挨拶。
なんか、とても久しぶりな感じがした。懐かしいぐらいな気持ちでした。
小栗組の話で盛り上がる。楽しかった記憶がよみがえりつつ。。。
そのうち、エンブゼミの人が来る。楽しい雰囲気の人でよかった。
この人がスタッフで居てくれたらおもしろかったかもな~と思ったりして。

まあ、終電間際まで飲み続ける。かなり楽しい飲みだった。

ぜひとも、また飲みましょう。


今年の夏は、良い人達と出会えました。
[PR]

by genn1224 | 2007-08-30 18:10 | 日記

小栗組「毒」エピローグ&げん組第7弾公開!

8月27日(月)

小栗組エピローグ。
千葉ロケ終了後、電車で帰宅。懐かし話をしつつ。

監督宅で打ち上げ。
撮影した映像を見ながら、みんなで酒を飲む。
懐かしい話などをしつつ。
しつつ、寝ちゃった。

朝。8時頃起床。みんな映像の途中で寝ちゃったと。
ウダウダと、そのまま続きを見る。酒を朝から飲んだりして。

で、アフレコが必要ということになり、アフレコをすることに。

俺は別件で用事があったり、着替えたりしたかったので、
一旦家に帰る。ただ、この後、子役2人が帰るので、見送りには行く事に。


東京駅。
まず、秋田から来てくれた男の子が新幹線で帰る。
みんなで見送り! 握手をして、窓越しで手を振って・・・。
「さよなら」をメールで言う、現代っ子ぶり。
しかし、やはり寂しさが漂ってくる。うーん・・・感慨深い。
今の感じそのまま俳優になれたらいいぞー。
ばいばい、またね。


次に京都から来てくれた女の子が新幹線で帰る。
みんなで見送り。今度京都行った時、連絡するぞー。
握手。そして、窓越しで・・・。寂しいねぇ。感慨深いねぇ。
ちょっと寂しい、、、ポッカリした感じを感じる。
なんせ、2週間、二人と一緒に居たからなぁー。
誰かも泣いてましたわ。俺も久々に泣きそうだった。
10年後、俺と同じ年齢になるのか。。。
しっかりした女優になって戻ってきてねー!
また! 



で、スタッフもそれぞれ解散。
スタッフは、みんな東京都内。会おうと思えば会えるが、やはり別れると寂しい。
8月ずーっと毎日顔を合わせていた。それが明日からは会えないのかと思うと…
なんか、「え??」みたいな不思議な感覚。
今度、ちゃんと打ち上げしたいなー。

その寂しさを胸に抱えつつ、日活撮影所に。
大木くんにカチンコを貸す。学院でパソコン仕事してた。
で、学院にはもう一人、録音部のS々木さんが居たな。
みんな色々とやっているようだ。大木くんは明日からクランクイン。2H。
深澤さん、大木くんは長尾組ですよ。
で、そのまま二人で飲むことに。ってか、明日からインなのにいいのか?!
まあ、本人が飲もうと言っているのでいいのだけれどもー。

調布・松き。
二人で小栗組千葉ロケの話で盛り上がったり、現場の話で盛り上がったり。
意外と共通点が多かったりするんだよね、大木くんとは。
楽しい。仕事を紹介してくれるみたい。ありがたい事です。
超貴重な情報を貰ったりする。すげーうれしい。俺としては。桜乙女!
で、8時ぐらいに切り上げる。イン前なんだからね。
ま、頑張って、長尾組サードやってきてください!


家に帰ってきて。
げん組インターネットミニドラマ第7弾「おつまみミニドラマ」の公開準備。
予定時間を過ぎてしまいました。ごめんなさい。飲んでたもので・・・。
でも、無事、公開することができましたよ。
げん組3人がそれぞれ企画しております。どれが一番おもしろいか。
そして、オープニング・エンディング映像。学院撮影部の友達が出ております。
急遽お願いして、OKしてもらいました。ラスト、良い表情です。
そして、「あの作品」の特報が入ったりしています。見てください。

インターネットミニドラマ第7弾
おつまみミニドラマ

c0072589_12221254.gif


どうぞ、ビールでも飲みながらご覧下さい。
良ければ感想ください。どれが一番おもしろかったかな?
よろしくお願いします。



その後。
夏休みの宿題である、小栗組の撮影日記を書く。
4日分。結局、途中で寝てしまって、本日(28日/火)までかかった。
あはは。
なにせ、色んな事がありましたからねぇ~。
スケジュール組みも大変だったなぁ。役者の時間制限やら、ロケ地条件やら、
撮影順やら、撮影方法やら、、、いつものことだけど、スケジュールは大変や。
まっ。お時間があったら見てみてください。
読まなくてもいいんで。夏休みの記録として、長々と書かせてもらいました。

やっと書き終わって、一仕事終わった感じがある、世田谷36時27分。


[PR]

by genn1224 | 2007-08-28 12:27 | 日記

小栗組「毒」 撮影最終日

8月26日(日)

いよいよ撮影最終日だ。長い1週間だった・・・。

朝。
車両問題解決。解決っつーか、まあなんとか。

この日は「千葉DAY」。俺の実家の実家、おばあちゃん家へ。
朝9時出発、予定では11時14分に千葉・松尾到着予定だった。
が、松尾駅をスタッフ全員で寝過ごし、隣の横芝駅に到着してしまう。
この総武本線は、1時間に1本の路線。やばい!と思ったら、
12分後に上り列車が来るとのこと。助かった!12分は短いぞぉ。

で、なんとか無事、松尾駅到着。
そこから歩いておばあちゃん家へ。途中、親と親戚の車で送ってもらう。

そこから、千葉ロケハンを実施。監督・カメラマンを車に乗せて行く。
が、ここで予想外の展開。親戚のおじさんが、なぜか先行ロケハン済み!?
前日の夜に、「バス停」という話を元に、ロケハンしててくれた!
嬉しすぎる。助かった。
その先行ロケハンの話を聞きつつ、数カ所回る。
結局、光町にあるボロ掘っ建て小屋みたいなバス停にロケ地決定。

昼ご飯を食べる。カレー。

いよいよ撮影開始。14時です。
実家の近所のお婆さんにご出演願っての撮影。
撮影は、やはりお婆さんが緊張やら始めてで素人感が出まくるなど、
問題があり、NG連発。台詞も忘れたり。
でも、何テイクも重ねていくうちに、慣れてくる。なかなか良い感じに。
1カットOK!

場所移動。

松尾駅。駅ホームで撮影。
ここでも田舎パワー全開。駅員さんに「撮影していいですか?」と聞くと、
「列車が来るとき気を付けてくれればいいよ」という返事。すげー。
楽々と駅ホーム撮影ができました。
田舎の駅舎みたいな感じで、良い雰囲気。
OK!

場所移動。

踏切。
線路を歩く二人。良い感じだった。

場所移動。

田んぼ。
おばあちゃん家の田んぼ。既に稲刈りが終了している。
しかし、それが良い感じ。その隣に、ちゃんと稲も生えたりしてて。
この映画のラスト!相応しい場所のような気がした。

そして、、、、監督のOKっていう言葉で、オールアップ!
短くて長い1週間の撮影。プラス、2週間の準備期間。
色々と悩む事が多かったけど、準備・撮影共に楽しかった。
大変な部分もあったりしたけど、楽しさがそれを上回ってた。
久々に、変な重圧なく、気軽に動き回ることができた撮影だった。
きっと、商業現場でも、こんな風に気軽に動く事が大事なんだろうな。
重圧を感じすぎず、ある意味鈍感ではないとダメだということか。

それに、この撮影で制作部の大変さと、ちょっとしたやりがいを感じた。
「映画製作」を進める為には制作部が絶対に必要。
演出部は、撮影を進めるけど、制作部は映画製作を進める。
常に冷静な立場に居ないといけないけど、時間通り集合してて、
時間通りのスケジュールで撮影が進み、撮影終了する。
この流れが気持ちよく感じる。スケジュール通りみんなが撮影する。
その感じがうれしい。そういう事も感じました。


この撮影、スタッフに恵まれた作品でもあった。
当初決定していたカメラマンは、途中諸事情で降板。
インの3日前ぐらいの出来事で、急遽、別カメラマンになった。
が、その後任カメラマンさんがすごく良い人。本当にいい人。
やさしいパパみたいな。その上、良い画を撮るんですなー。
そういう姿を見ていると、当初予定のカメラマンがやってたら、
この組はどうなっていたんだろうと思ってしまった。
ヤバかったのではないかと。 運命に感謝。

助監督は、監督の学校の人と、学院2年の人の2名体制。
監督の学校の友達は、子役とかなり仲良くなり、子役担当みたいな。
プラス、録音をやったり、車両運転したりと、
かゆい場所に手が届くような人で、マジで助かった。
9月はその人が卒業制作を作るらしい。手伝えたら手伝いたい所だ。

もう一人、学院2年の助監督の人は、理論派。
持道具全般を統括し、言わなくても準備は万端。
この組唯一の、しっかり・合理派だった。
この人がいなければ、持道具関係は壊滅的状態だった。
本当にすごい。助かった。

監督は、パンツの華の監督。またも大規模にしてくれましたなぁ。
しかし、パンツの時もそうだったけど、本当にこだわる。
妥協しようとするんだけど、明らかに妥協したくないんだろうと。。。
でも、良いシーンいっぱい演出してましたよ。
体張ってた。イメージというか、この作品に合うか合わないかの判断はすごくしっかりしている。だから時間がかかったりもしたけど、でも、結果、すごい物ができましたな。
日本映画越えできたんじゃないですかね~。
編集がんばってください。完成したら絶対に見せてくれぇ~。
上映会行けたら行くぜぇ~。


いや~それにしても、8月1日に呼ばれて合流し、ロケ地だけ探せばいいから~と聞いていたら、そのまま撮影まで引き込まれてしまった。
脚本を読むと、ダンボールハウス炎上やら、砂漠やらなんやら・・・
末恐ろしいロケ地などが書かれていた。けど、おもしろかったんだよねぇ。
初めて読んだときに、「すげぇ」と思った。だから撮影まで参加した。
結局、「この作品良いなー」っていう力は一番デカイな。
1ヶ月、仕事を止めて、この作品やってました。
もしかすると、この作品はすごく良いものになるのではないか。
どっかで、1回目に読んだ時の自信?みたいなものがあり、、、
まっ。楽しかった!夏の思い出。 子ども達が元気だった。
男の子を我が家に泊めたこともあった。二人で緊張してたな。
でも、あるところから男の子がハジけ、、、貴重な体験。

商業現場に出て、ちょっと悩みつつだったけども、
「作品を信じる事」と、「気軽に自分が思ったようにやる事」という事を思い出せた。
特に、自分が思ったように、それに自信を持ってやると、うまく回るという事。
これは再確認できた。それで失敗しても、マイナスではなくプラスの失敗になる。
今まで、マイナスの失敗ばかりやってたなと思う。
この作品には、助けられた部分も多くあります。

ありがとうございました。

また会いましょう。


エピローグへ・・・
[PR]

by genn1224 | 2007-08-28 12:03 | 日記

小栗組「毒」 撮影6日目

8月25日(土)

午前11時、JR拝島駅集合。
が!俺が渋滞にハマリ、1時間以上遅刻。
大変申し訳ない!ごめんなさい。

キャスト1名、事故で欠席。

この日は「拝島DAY」。
拝島の多摩川河川敷にて、重要なシーンの撮影です。

澤が作ってくれたダンボールハウスを河川敷に運び入れる。
そこが、女の子が演じる翼の家という設定。
なかなかマッチしてたかな。あの周辺環境と。

で、この日もあまり撮影に立ち会えない。
ダンボールハウス設置後、高津にオルガンを返しに行く。

撮影は順調に進んでいたようだ。
男の子が演じるカケルがいじめられる所とか。
映像は見てないけど。今度、ゆっくり見たいなぁ。

高津に無事返却。最後まで担当の方はいい人だった。
車の誘導してくれたし。

急いで現場へ戻る。
撮影は佳境に入っていた。翼が襲われる所。
かなり気合いの入ったカットだ。
ここで、襲う男役の顔表情を撮るため、監督が翼のスタンドインに。
スタッフ全員で見守り、無事撮影する。

この後、入水事件がある。

で、この日もまたまた暗くなってきた。日没や!
そこで登場するのは、やはり「携帯ライト」。出てきますな。
今夜は、4台体制。照明部もビックリ。

そんな状態で撮影は進む。
進む進む進む。

死体を川に投げ入れる所では、またまた監督がスタインドイン。
死体が死体に見えないという・・・。

そんな体を張った撮影をしまくった監督。すごかった。


で。
いよいよ。
あのシーンやりました。
真っ暗闇の中、月明かりでほのかに明るい河川敷。
そこで、赤い光がメラメラと。3メートルぐらいの火柱。
えっらい、すごいシーンさ撮影できましたね。
それにしても、あの場所はまったく人目につかずに、
橋下みたいな雰囲気があって、すごく良い。絶品。
大事な物件です。

で。
終了が23時。
真っ暗闇の中、片付けをして、神田へ移動。
そこからですよ。25時過ぎに到着。
監督が川に入水していたりしたので、休憩を入れつつ、
「26時撮影再開!」という事に!
例の、秋葉原・万世橋撮影ですよ。撮影できるのがこの日しかないの!
だから、もう、、、強硬スケジュールですよ!やるしかない。
みんな疲れてた。まったく疲れてた。
そんな中、万世橋撮影やっちゃいましたね。
みんな真剣。何せ、早く寝たい。
子役も真剣。何せ、早く寝たい。
しかし、その作用からか、すごく良い表情が撮影できた。
やっぱり、「極限状態」というのは何かを産むね。

水曜どうでしょうでも言ってたな。
「限界」以上の状態にすることで、本当に面白い事が起こってくるってね。

いやー、すごい。本当にすごい。
この撮影、監督がこだわるからな。
しかも、今回は妥協が少ない。
その撮影もいよいよ、明日で最終日。
最終日は、千葉ロケです。朝も早い。

万世橋撮影後、みんなクタクタ。豚丼食べつつ、寝ていく。
でも俺は寝れない。ちょっと車両トラブルの解決の為・・・。


つづく
[PR]

by genn1224 | 2007-08-28 10:45 | 日記

小栗組「毒」 撮影5日目

8月24日(金)

本日は、「静岡DAY」だー!

午前9時神田出発予定・・・だったのに。
色々と小道具が揃ってないことが朝発覚。
9時出発で、車は発進したが、買い物のため、新宿ドンキへ。
運転は、助監督さんがやってくれた。俺は帰り担当に。

新宿ドンキで買い物して、いざ静岡へ!
と思ったら、今度は都内で道に迷う。しまった!
どうにかこうにか、東名高速に乗る。
道は空いていて、スムーズに走れたのだけれども、
やっぱり浜松は遠いね。3時間以上かかるわー。
結局砂丘到着が、15時30分ぐらい。なんてこった!

そこから速攻準備。オルガンを砂丘に運び入れる(許可済み)。
砂丘にぽつんとオルガン。不思議な状態だったね~。
そこに、白ワンピースを着た少女。半裸の少年。不思議だ。
そして、オルガンからは君が代。とうとう、パラレルワールドに。
映像も、色味をいじったりして、この映画のラストシーンに相応しく。

しかし。
やっぱり開始が遅すぎた。途中で日没を迎え、どんどん暗くなってくる。
暗い、暗すぎる。

この状態を俺は前にも経験している。3年前の夏に監督した作品だ。
金魚屋が出てくる話を撮影中に、日没を迎え、真っ暗の中撮影したことがある。
その時、照明を持ってなく、どうしようとなって登場したものがある。
「携帯電話」だ。 携帯の写真モード時に使うライトを使ったのだ。

それを思い出し、携帯ライトを使ってみたら、、、と提案。
ちょうど、この前機種変した携帯には、カメラライトの良いやつが付いていて、
結構いいんじゃない~という事になり、撮影続行。
どうにかこうにかですよ、撮影終了ですよ。その時なんと、21時。
しかも、ここからまだ撮影しなければならない。高速のパーキングエリア。
もう、なんだか大変な撮影になってきた。
その上、明かりの無い中、オルガンを砂丘から運び出し、機材を運び出す。
忘れ物がないかどうか、慎重にチェックし、砂丘を後にする。


東名高速。
そこの、あまり人気の無いパーキングエリアにて撮影。
ちょっと人に見られたり。
「なに、撮影してんの?」
「はい、ちょっと」
「ふーん」
みたいな感じで、あまり気にしないみたいだ。

で、トイレの中で撮影したりしつつ・・・。
トイレの中での男の子の芝居がよかった。
なんかこの日あたりから、男の子が積極的に芝居をするように。
女の子はすでに「演技者」としての意識があるようだけれども、
男の子には最初それが無かった。でも、この日ぐらいからちょっと出てきた。
この子をキャスティングした時、監督と話していた事が現実に。
やはり、この子は撮影期間中に急成長するタイプだった。

白いワンピースの女が登場する予定が、諸々問題があり別方法に。
印象的な出来事だった。

24時ジャスト。撮影終了。東京へ帰る。

しかし、どう考えても神田到着が深夜3時近くになる。
そのため、翌日の集合時間を9時から11時に変更した。

帰りの車。
かなりの勢いで帰る。とにかく早く着かねば!
急ぐ急ぐ急ぐ急ぐ急ぐ急ぐ急ぐ・・・。

午前2時30分、神田着。
カーナビの到着予定時間と勝負し、30分勝った。
無意味な勝負。一人でそんな事しながら運転してた・・・。
寝ていた皆さんを起こし、、、、その日は解散。
カメラマンと助監督さんを中野まで送り、家に帰宅。
そのまま眠りました。


つづく
[PR]

by genn1224 | 2007-08-28 03:43 | 日記

小栗組「毒」撮影4日目

8月23日(木)

午前8時10分 JR八王子駅集合。
この前日、学院のお友達から車を借りる事ができたので、俺は車移動。

しっかり8時10分に全員集合。
この日は、ゲームセンターをお借りしての撮影。
乱闘シーンがあるので、色々と制約がかかり、営業時間外+営業後1時間の2時間のみで撮影しなければならない。
監督やスタッフ全員に、「時間制約」のことはしっかりと伝える。
しかも、管理会社がしっかり時間内で終了しているかチェックしに来るのだ。
なあなあで、伸ばすことができない。交渉時から厳しかったしなぁ。
ということで! 2時間で3シーンをやることに。

営業時間外に店内に入らせて頂くということで、警備室の名簿に名前を書きつつ、いざ、ゲームセンターへ。
ここのゲームセンターは、俺が見つけてきた物件ではなく、監督が見つけてきた所。
ロケハンにも来たことがなかったので、ちょっとわくわく。
エレベーターで屋上に着くと、そこの見晴らしはすばらしかった。
奥多摩の山々が見えて、しかも雨が降った後だったので、怪しい雲が出ていた。
かなり良い雰囲気だった。

ゲームセンター自体は、まさにショッピングセンターの屋上のゲームセンター。
そこにある「パンチングマシーン」が撮影の舞台。
最近は、パンチングマシーンがあるゲーセンが少なくて、探すのに苦労したなぁ。

そして! 撮影スタート。
しかし、撮影現場がなかなか確定しない。監督・カメラマンで色々と相談。
結局、30分後ぐらいに現場決定。しかし、今度はなかなか撮影が進まない。
やばい! すでに、10時だ。10時開店なので残り1時間しかない!
だんだんと急かす事になり、超スピード撮影の様相になってきた。
パンチングマシーン前での芝居は、本当にスピード撮影の境地。
監督にあせらせてしまったなぁ。でも、時間制限だけはなぁ・・・。
そして、ギリギリ、10時59分撮影終了!ホント、ギリギリ。
でも、このゲーセンの店長さんは本当に良い人。なにせ、管理会社と交渉してくれた。
こっちも交渉したけど、店長さんが申請書類とかを書いてくれたし。
すごくいい人だった。だからではないけど、時間制限は必ず守りたかった。
まあ、なんとか終わってよかった・・・。

撮影後。
近くのミスドで、撮影した映像チェック。声があまり撮れてない。
まあそれはアフレコするにしろ、画はなんとか成立してたな。よかった。

そして、次の現場へ。
次は、移動中の電車内で撮影と、スナック裏手の撮影。
電車内撮影は、電車移動スタッフで行う。
俺は、必要ない機材を車で運び、スナック裏手現場へ。

車でトコトコ。

北千住到着。
スナック裏手の現場は、「幻の初日」に撮影しようとした商店街。
三ノ輪橋のすぐ側にある商店街である。
しかし、ここの撮影も俺は全然立ち会えない。
すぐに、高津装飾に行ってオルガンを借りてこないといけない。
なんか本当に制作部的な動きになってきた。
撮影現場を多少説明した後、すぐに調布へ向かう。

時間ギリギリ高津到着。
担当の人がすごくいい人で助かった。紐やらなんやらを借りることができたし。

無事積み込み完了。その後、日活撮影所へ。
ここでは、ダンボールハウスを積み込む。
このハウスを造ってくれたのは、大道具をやっていらっしゃる方。
まあ、澤だけど。
澤さんが作ってくれましてね、なかなかの出来となっていました。
なんか、かなり心配していたけども。良い感じ。
これまた無事積み込み完了。

その後。
澤宅を見に行こうということになり、澤チャリを車に押し込め、府中・澤宅へ。
分倍河原の駅からちょっとの所に澤宅発見。
なかなかサッパリした感じだった。一応、ロケハン兼ねて行って来ました。
近くには、南武線の高架下があり、遊歩道がある周辺環境。
これだけの周辺環境もあるし、分倍ロケで1本作れそうな気もするね。
そんな事をしているうちに、そろそろ神田スタッフルームに行かねばならない時間に。

なにせ、この後、秋葉原・万世橋でロケ予定なのだ。
しかも、翌日は静岡にある砂丘へ行かないといけない!
急いで戻る。

神田。
万世橋撮影が終わって・・・なかった。
というか、シーン内容について審議中。
結局、この日は撮影しないことになった。
うーむ。撮影できるスケジュールの日があまり無い・・・・
この日はそのまま、打ち合わせしつつ、寝てしまった・・・・


つづく
[PR]

by genn1224 | 2007-08-28 03:18 | 日記

うまくいった!スケジュールも完成だ!

8月22日(水)

今日は調布の西河原公園で1日撮影。
しかも、1シーンのみ。実に重要なシーンの為。
何せ、記念日ですよ。人生に1度だけの記念日。
それを、撮影でやれっていうんだから、それは重要ですよ。

にしても、学生映画的なもので、この記念日とは・・・。
まあ、いいんだけれども。

切なくなりました。

ま、木登りシーン。朝9時40分狛江集合。10時開始。
この前、失敗し、飛ばしたんだけど、今日は脚立を準備するとか、
蚊取り対策をするなど、前回の反省点をしっかりと踏まえた準備。
出来る限りの対策は講じた。あとは俳優部の気持ちのみ。

その俳優部。子役2名。実に頑張った。
木の上怖いし、難しいシーンだし、芝居だって・・・。
そして記念日。
いや~今日は大変だったけど、撮れてよかった。

にしても、朝、監督が急に、そこらに落ちてた「キリン」のオブジェを
「木の下に置く」と言ったときはびっくりしたけど、うまくいった感じ。
水浴びシーンまで増えるしね。


途中、車両問題でトラブル。予算と折り合いがつかない。
色々な案を練った結果、千葉ロケは車両を出さず、電車移動。
プラス、親戚を頼った車両手配という苦肉の策に。
この結果、4万ぐらい浮いたかな。目標金額になったしね。
しかも、予想外の所から、新型ハイエースをレンタル。タダ。
燃料を満タンにして返すぐらい。すばらしいぞ。

千葉のカメラ屋だけ問題は残ったけど、それ以外は今日解決した。
結果、スケジュール確定!決定スケジュールにすることができたよ~。
撮影半分過ぎての、総合スケジュール決定って!
まあ、それでも、うまくいったよ。明日全員に決定スケジュール配ろうっと。

明日は朝8時に八王子だから、早いのだ。もう寝よう。
そうしよう。

ってことで、今日一日で、俺の仕事の大部分が決着したことが嬉しい世田谷24時35分。
[PR]

by genn1224 | 2007-08-23 00:35 | 日記

仕切り直しクランクイン!

8月20日(月)

先週金曜のクランクインから3日。
仕切り直し、スケジュールも調整し、いよいよクランクイン。

この日は、「調布Day」。
日活周辺でロケをしまくりました。

1番手。
多摩川川原にて水浴びシーン。
この場所、日活の卒業制作で使ったあの川原です。
まんま、あそこで撮影。しかも、また川に入る芝居だし、
カメラも川に入ったりしたし。パンツを思い出す撮影でした。
が、暑かった。本当に。日焼けしまくりです。
そんな中、出演する女の子の子役が、すごい良い芝居。
ってか、度胸がある。水浴びも、自然とじゃぶじゃぶ水を浴びる。
すごいなーと思いましたね。表情も良いんだよね。
「天性」という部分を見たような気がしました。

にしても、スケジュール換算では、このシーンは2時間弱で終了と読んでたけども、3時間以上かかりましたね。まあ、初日はかなり楽にしてあったし、この1番手終了から、2番手まで何時間も中開きが出来るスケジュールだったので、良いのだけれども。21日はキツキツ・移動アリの撮影なので、このペースではダメだな~と思ったりもしたけどね。

昼食。
日活食堂。冷やし中華。うまい。
その後、食堂で休憩。スケジュール問題話し合う。
大きな問題2つに関して、監督が決断した。
ようやく、スケジュール最終決定に向けて動き出した。
もう、クランクインしてるのに・・・・とほほ。

2番手。
日活近くの食堂(居酒屋)にて撮影。
そこの奥さんが良い人で、ロケ交渉も2日前に飛び込んだのにOK。
しかも、当日に「出演してくれませんかね~」みたいな話をしたら、
これまたOK。なかなか良い芝居を見せてくれました。
そこは、1カット。丁寧に作り上げたという感じでしたな。

3番手。
またまた移動。今度は、西河原公園。日活御用達という公園ですね。
そこで、木の上で子役2人が話すシーン。
でも、木登りをしたことがないのか、高いところが苦手なのか、
とにかく怖がってしまって、芝居ができない!芝居不能。
しかも、そのシーンが多少難しい芝居があったりして、とてもできない!
そうこうしているうちに、日が暮れてきた!もうだめだ!
・・・ということで、このシーンは飛ばすことに。後日撮影。

同時進行で、千葉ロケに決定したのだけれども、千葉物件にアクシデント!
予定していた22日(水)には出来ず、予備日の26日(日)に予定することに。
ただ、予定しているだけで、そのことを再度交渉しないといけない。
やばい。時計店が無くなる可能性が・・・。

ということで、22日が急遽、撮休になる予定だったので、
飛ばしてしまった木の上を、そこにぶち込むことに。
丸一日かけて、その「木の上シーン」を処理する方針を固めたのだった。。。


後。
翌日、早朝ロケを予定しているため、一度全スタッフが家に帰り、
再度、早朝ロケ先である神田に泊まるため、身支度に帰った。
もちろん俺も。
で、家に着いたら、意識が無くなり・・・

気付いたら、終電がなくなってた。あ・・・。神田早朝ロケ不参加だ。
監督に謝罪電話。なんとか許してもらえたが、、、申し訳ない。
意識が無くなったなぁ。ごめん。



8月21日(火)

本日です!

朝。
監督とカメラマン、助監督さんは早朝神田ロケ。
うまくいったらしい。


午前9時30分、多摩センター集合で中学校シーン。
このロケ地、決定したのが前日。20日に最終決定した場所。
お金を取られてしまったが、まあ多少割引してくれた。

撮影は、お金問題で、1時間しか借りられず、急ぎ撮影。
とにかく急ぐ。ドリーなども登場していた。
ちょっと申し訳ないぐらい、急いで・・・。
で、なんとかかんとか、全部撮り終わる。
結局、1時間30分かかったけど、何とか頭下げ、1時間分の値段に。

その後、これまた急いで移動。
そう。今日は移動があるのだ。しかも、車ではなく、電車移動。
これまた、急いでもらう。なにせ、1時間ぐらい時間が押していて、
次のシーンが商店街だったんだけども、そこが撮り終わらなくなってしまう。
移動は迅速に。電車なので、乗り換えなど、とにかくはぐれないように。

で、なんとか13時半に、現場到着。
そのまま準備。そして、撮影。
商店街シーンである。本当の初日、先週金曜にやってダメだったシーン。
今回は、場所を変えて別商店街でやることに。
まあ、今回も俺は荷物番でしたけど。
そして、千葉ロケトラブルを解決すべく、とにかく電話。
まあ、相手が出かけていて、、、結論は明日に持ち越し。困った。
各種予約など、間に合わなくなりそうだ・・・。心配。
明日中になんとかしないと。うーむ。

撮影は順調に。途中、今日クランクイン・アップの役者さんアップ。
1日だけ、商店街シーンのみに出る人。ちょっと順調な感じ。
ラスト、大変だったようだけども、無事、スケジュール全部消化。
監督、2日間も寝ていないという状態で、かなりきていた。
他のスタッフも疲れが見える。キャストの子役達も。
ということで、22日は、ちょっと集合時間を遅らせる。

明日は、20日に飛ばした木の上シーンのみ。
午前中だけど、ちょっと遅めの集合時間。
ゆっくりやりましょう。蚊対策は一応万全だ。


あとちょっとで、撮影スケジュール成立しそうな、世田谷28時05分。
[PR]

by genn1224 | 2007-08-22 04:05 | 日記

クランクイン延期!撮影中止判断。

8月17日(金)

いよいよクランクインです。
朝5時まで、衣裳準備など徹夜作業。
途中、俺はダウンしてしまった・・・。眠かったんだもん。
一緒に準備していたカメラマンも途中ダウンだったらしい。
監督は寝ていなかったようである。緊張?してたらしい・・・。

朝。子供達が起きてこない。鍵が閉まってる!!??
まあ、携帯電話などを駆使して、起こしましたけどね。ほっ。

朝ご飯食べる余裕なく。慌ただしく準備。
そして、9時前に出発。

集合は、9時30分に日比谷線・三ノ輪駅3番出口。
集合時間10分前ぐらいに到着。キャスト1名と合流。
その後、続々と合流。7分遅れで、完全集合となり、いよいよ現場へ!

初日の現場は、三ノ輪(北千住)にある商店街。
ここは、色々なロケで使われている商店街らしく、ロケ対応に慣れてた所。
そのため、大変交渉が・・・やりづらかったりしてね。
ま、でも一応、商店街に流れているBGMを止める許可をもらいつつね。
朝、事務局に挨拶し、BGMを止めてもらい、いざ!
撮影!!

かと思いきや、子役の男の子が体調不良。明らかに顔色が青い。
朝ご飯抜きだったのが災いしたのかな?即座に、ご飯を買いに行く。
そのうち、だんだんと顔色が良くなってきた。

30分遅れで、撮影開始。
ま、俺は制作部なもんで、演出部4人も居るチームなのもので、
荷物番をやっていましたのでね、撮影の様子は分かりませんが・・・とほほ。
出番待ちの子役(女の子)と女優さんたちと、話しつつ、明後日以降のロケ交渉。
各所に電話しつつ、撮影日の事などを打ち合わせする。
そうこうしているうちに、監督がやってくる。

「やっぱり、体調が悪いみたい」

そう、やはり子役の男の子の体調がマズイみたいなのだ。
どうやら、上京した楽しさから、夜寝るのが遅くなっていたり、朝ご飯食べなかったり、
気温が暑かったりしたことが重なって、体調不良になってしまったのだ。。。
こちらの監督不行届きだから、どうしようもない。
近くにあった薬局で、応急処置してもらい、今後の対策を監督と話し合う。
とりあえず、「撮影中止」を決める。
やはり、体調回復を待って、また撮影開始しても、また倒れてしまったらどうしようもないし、
本当に大変な病気になってしまったら元も子もない・・・。
それに、やっぱり演技がしっかりとできないと、作品のクオリティの問題にもなる。
ということで、監督、「撮影中止」を判断なさりました。

ま、制作である俺としては、商店街の予備日を設定していなかったりして、
ちょっとまずいなーと思ったりしたけど、実は、一回監督NGが出た商店街を
未だにキープ状態にしていたりしたのね。三ノ輪の商店街に、多少の不安があったから。
なので、キープ状態の商店街の方もあるし、三ノ輪のほうも、再交渉してもいいし、
どうにかなるかと。他のロケ地は、予備日などの設定が済んでいたので、
特に問題なし。ただ、スケジュールはキツキツになってしまう問題はあるけどね。

ということで、全キャスト・スタッフに撮影中止を伝え、午後12時。撮影中止しました。
すいませんでした。

その後、電車で神田・スタッフルームに戻る。
キャストさん達は、解散しつつ。

スタッフルーム(監督宅/すごい良い家)で、体調を崩した子役を休ませる。
その間、スタッフは、まったりとしつつ、今後の対応を話す。
とりあえず、スケジュールは何とかなるってことにしました。

で、その後。
俺は徹夜の疲れとかで、爆睡。
その間みんなは、昼飯食べたりしてたみたい。とほほ。

夕方。
子役が、まだ人前で演技をすることに慣れていなかったようなので、
神田周辺でリハーサル撮影をすることに。
実際に外に出て、通行人などの目がある中で、カメラを回しながらのリハ。

途中、秋葉原の万世橋でリハ。子役(女の子)がかなり良い演技を見せてくれた!
表情がハンパない!すっげー良いよ。志田未来よりも良い表情だった。
いや~、すばらしい。男の子のほうは、恥ずかしがりながらも、頑張った。
うん、なかなか良い演技者達。この作品、良くなる予感・・・。


夜。焼きそばパーティー。 男対女対決は、引き分け。

その後。
ビール片手に、のんびり。恋話やら、生活問題やら。

終電ギリギリで帰宅。
洗濯しつつ、気付いたら爆睡していた・・・。



8月18日(土)

起きたら10時過ぎてた。あー、爆睡した。
洗濯もしっぱなし。早速、再度洗濯して、干す。

その後。
未だに未決定な月曜日(20日)撮影分のロケ地交渉をするため、調布。
そこで、食堂のロケ交渉。一度は断られていたが、再度訪問し、説得。
なんとかOKをもらうことができた。よかったよかった。

で。
染地公園、多摩川河川敷、西河原公園をロケハン。
木登りをする木を探しながら・・・。
結構な本数を見つけることができた。

18時。
高田馬場。監督と商店街の第二候補地をロケハンすることに。

西武新宿線野方駅。
そこから徒歩1分で、第二候補の商店街がある。
監督が実際にここに来るのは初めて。
で、実際に見たら、結構良いという判断に。
ということで、三ノ輪の商店街ではなく、こちらの商店街を撮影で使う事に。
まあ、再度三ノ輪でやると、子役が良い気分じゃないかもという事もありつつ。

で、近くで踏み切りのロケハン。

途中、団地の良い物件を見つけ、そこで撮影することに。
踏切も無事見つかる。


で、帰宅と。


これから、
メール連絡、写真貼付、スケジュール修正(ロケ地変更)、予算編成。

予算編成は、多少、監督と協議しなければならないかもね・・・。





こんな中、げん組第7弾作品「おつまみミニドラマ」の公開日決定しました!!

8月27日(月)21時ジャスト公開とします!!

去年の10月9日、体育の日に撮影した作品です。
企画会議~脚本執筆~撮影をすべて1日でやった超スピード撮影作品。
第1弾のミニドラマ作品「第一発見者」と同じ方式でやろうとしたもの。
でも、どんどんデカくなり、追撮もやったりして、なかなかなモノになったかな。
まあ、27日(月)にご覧ください。ビール片手に、おつまみ食べる気分でね~。


明日はロケハンして、打ち合わせかな~と思った、世田谷22時59分。
[PR]

by genn1224 | 2007-08-18 22:59 | 日記

いよいよピンチ!

8月13日(月)

この日、秋田から主演俳優である小学校6年生が上京。
そして、我が家に宿泊した。
破れた布団を早く直しておくんだった。非常に無念。

それにしても、今の俺に弟とか子供がいたら、対応不能だろうな~。
1日だけだったけど、親はよく子供を育てているなーと思った。
変なところで、親に感謝することとなった・・・。


8月14日(火)

午前7時前起床。そんなに早く起きなくてもいいのにー。
撮影でもないのにー。さすが、子供だ。
ということで、子供と連動した生活ということで、午前7時起床。
朝ごはんを食べ(久々!)、日活第一衣装へ。衣装借り。
その衣装探しが大変だった。倉庫の奥のほうにあったりして、大汗かきました。
本当に、最近は暑い。そして、その倉庫には冷房施設がなく、暑かった!
子供も、その衣装借りに付き合わせてしまって、ごめんねー。

お昼。一緒に衣装借りしていた小6主演子供と、監督と食堂で昼飯。
と、そこで、2,3,4月に撮影していた映画本編の時の制作主任さんと遭遇。
非常に緊張。現在の状況を報告したり。
制作担当に出世していた。本編初担当らしい。すばらしい・・・。

その後、某エキストラ担当部の方と遭遇。やっぱり、日活に行くと遭遇するな。
予感はしていたが・・・。大変そうだった。ごめんなさい!
手伝いたいのだけれども、、、すません!


そんなこんなで、日活出発。
御茶ノ水の映画学校へ。本日、もう一人の主演女優・中学校1年生がやってくる。
そして、リハーサル開始なのだ。
リハーサルは、、、子供が集中しない。やっぱり、まだ東京1日目だったりして、
しかも、飽きた感じにもなりつつ、、、大変だろうなぁ。
でも、一応やってくれましたね。最後の方では、良くなってきてたし。
でも、これは、演出大変ですなー。監督、頑張ってほしい。
なんとかなるさ!

なんとかなるさ、スタッフ2人増えた!しかも安定レギュラーメンバー。
これは助かる。しかも、今まで顔を合わせていなかったスタッフと初対面。
予想以上にしっかりした人だったので、安心。地方ロケを担当してもらう事に。
いや~、しっかりした人だった。相手は俺のこと知ってたみたいだけどね・・。


夜。子供のテンション上がり続ける。
やっぱ、修学旅行チックだよね。ふーむ。



8月15日(水)

終戦記念日。
各所ロケハン。芳しくなく。
しかも、スケジュールの都合で、リハーサル参加できず。

夜。16日に千葉ロケハンをするため、千葉へ。
帰りの電車の中で、ワンセグ。超便利や。「さくら署」を見逃さずに済んだ。


さて、これからスケジュールの調整やら、予算編成やら、車両リストやら、、、、
で、明日は千葉ロケが成立するかどうか判断する。
明後日からは、いよいよクランクインだ!

いやー超やべー。ロケ地未決定が何か所かある上に、キャスト未決定、
スケジュール未決定、、、、未決定だらけ・・・。超不安。。。。
今までやった中でも、かなりレッドゾーンな・・・・。
去年の冬の坂本組以上に危険な予感でございます。
ただ、俺の経験上、こういう状況に追い込まれた作品ほどうまくいく。
これは、なぜか、そういう運命みたいだ。

さて、その運命を楽しみに、今できることをやることにしよう。


あ、げん組のおつまみミニドラマですが、完成致しました!
完全完成でございます!!!!!
去年の10月かな?に撮影した作品です。
2006年製作作品としては、最終作品となります。
公開日は、おそらく8月中旬~下旬になりそう。
今週中には、公開日設定をして、アナウンスします。

そして、いよいよ「あの作品」が動き出しております!
深澤日記にも書いてあったりしてね。
小栗組が終わったら、集中的に編集しまっせ。
ま、「あの作品」は、冬公開ですけどね・・・。


そう思いながら、眠くなってきちゃった千葉25時50分。
[PR]

by genn1224 | 2007-08-16 01:50 | 日記